DC を AC に 変 換 し し ま す。 DC か ら AC へ の 変 換。



これらのタイプのトランスデューサに共通するのは5つの要素です:

キースイッチ素子。
  2.電源。
  誘導性エネルギー貯蔵(チョーク、インダクタ)。
  4.負荷抵抗と並列に接続されたフィルタコンデンサ。
  ブロックダイオード。

これら5つの要素を異なる組み合わせで含めることにより、列挙された種類のパルス変換器のいずれかを作成することが可能になる。

変換器の出力電圧レベルの調整は、キースイッチング素子の動作を制御するパルスの幅を変化させることによって行われる。 出力電圧の安定化は、フィードバック方法によって行われます。出力電圧を変更すると、パルスの幅が自動的に変更されます。

電圧変換器の典型的な代表例は変圧器でもある。 ある値の交番電圧を異なる値の交番電圧に変換する。 変圧器のこの特性は、無線エレクトロニクスおよび電気工学において広く使用されている。 変圧器装置は、以下の要素を含む。

1.Magnitoprovod。
  2.一次および二次巻線。
  巻き取りのためのカーカス。
4.Isolation。
  5.冷却システム。
  6.その他の要素(巻線へのアクセス、取り付け、変圧器の保護など)。

変圧器が二次巻線上で生成する電圧は、一次巻線および二次巻線に存在する巻線に依存する。

異なる設計を有する他のタイプの電圧変換器がある。 ほとんどの場合、それらのデバイスは、重要な効率係数を提供するので、半導体素子上に作られる。

操作の原理

電圧コンバータは、例えば、バッテリから特定の機器を供給するために、異なる供給電圧から必要な値の供給電圧を生成する。 コンバータに課される主な要件の1つは、最大効率を確保することです。

圧 の 変 換 は は 、 変 圧 器 を を 用 い て 容易 に 行 う こ と と が で き な そ の の よ う。 に 変 ば し ば 、 直流電 直流電 の の へ へ の の 基 換 換

の の DC 電 圧 源 に よ っ て 給 給 電 さ れ る 強力 な な 交流電 圧 発 生 器 は 、 変 圧 器 の 一次 巻 線 に 接 続 さ れ る。
  必要量の交流電圧を二次巻線から除去し、二次巻線を整流する。
整流 整流 DC 出力 電 圧 の 場合 3. 、 ま た た は 発 電機 に よ っ て 生成 さ れ る 制 制 御 パ ラ メ ー 用 の の 交流電 整流器 出力 に 含 用 用 て 、 整流器 出力 に 含 用 用 て て て
  電圧変換器の高効率を得るために、キーモードで動作し、論理回路を用いて電圧を発生する発電機が使用される。
飽和状態 圧 が ト ラ ン 飽和状態 飽和状態 ス タ 降下 飽和状態 飽和状態 飽和状態 飽和状態 飽和状態 ト ラ ン ン V V タ タ 通 い っ っ て 流 な い いい
高 電 圧 電源 の 電 圧 変 換 器 で は, 多 く の 場合, 突然 の 電流 遮断 の 場合 に イ ン ダ ク タ ン ス に よ っ て 生成 さ れ る 自己 イ ン ダ ク タ ン ス emf が 使用 さ れ る. ト ラ ン ジ ス タ は 電流 遮断 器 と し て 機能 し, 昇 圧 変 圧 器 の 一次 巻 線 はイ ン ダ ク タ ン ス で あ る. 出力 電 圧 は 二次 巻 線 に 生成 さ れ, 整流 さ れ ま す. こ の よ う な 回路 は, 数十 kV ま で の 電 圧 を 生成 す る こ と が で き る. そ れ ら は, 陰極 線 管, キ ネ ス コ ー プ な ど の 電源 によ く 使用 さ れ ま す。 同時 に に 、 効率 % 80 % よ り 高 い。

その  イダ

コンバーターは、さまざまな方法で分類できます。

DC 電 圧 変 換 器;

1)電圧レギュレータ;
  2)電圧レベル変換器。
  3)リニア電圧レギュレータ。

AC / DC ン バ ー タ;

1)パルス電圧レギュレータ。
  2)電源;
  3)整流器。

DC / AC コ ン バ ー タ : イ ン バ タ。

交番電圧の変換器;

1)可変周波数変圧器;
  2)周波数変換器および電圧形式。
  3)電圧レギュレータ。
  4)電圧変換器。
  5)すべての種類の変圧器。

設計に従った電子機器の電圧変換器も、以下のタイプに分類されます。

1.圧電トランスについて。
  2.発電機。
  3.パルス励起の変圧器。
  4.インパルス電源。
  インパルスコンバータ。
  マルチプレクサ。
  7.スイッチトキャパシタ付き。
  トランス無しのコンデンサ。

特徴

体積と質量の制限がなく、電源電圧が高いため、コンバータはサイリスタに合理的に使用されます。
2. サ イ。 ー ー ー タ タ ー す ー ー ー す
  デバイス内の振動を励起する方法によれば、独立した励起および自己励起を有する回路が存在し得る。 独立した励振を有するスキームは、電力増幅器およびマスタ発振器から実行される。 ジェネレータの出力からのパルスはパワーアンプの入力に送られ、パワーアンプの制御が可能になります。 自己励起の方式はインパルス自己発振器です。

アプリケーション

1. 電 気 エ ネ ル ギ ー の 分配 と 伝 達. 交流 発 電機 は, 発 電 所 で 通常 624kV の 電力 を 発 生 さ せ る. 長距離 に わ た っ て エ ネ ル ギ ー を 伝 達 す る た め に は, よ り 高 い 電 圧 を 用 い る こ と が 有利 で あ る. そ の、 各 発 電 所 に 変 圧 器 を を 設置 し て 電 圧 を 上昇 さ せ る。
  2.様々な技術的目的:電熱設備(電気炉変圧器)、溶接(溶接変圧器)など。
  3.様々な回路に給電する。

1)テレメカニクス、通信機器、電気製品の自動化、
  2)ラジオおよびテレビ機器。

電圧のマッチングなどを含めて、これらのデバイスの電気回路を分離すること。 これらのデバイスで使用されるトランスは、ほとんどの場合、低電力で低電圧です。

ほ ぼ す べ て の タ イ プ の 電 圧 変 換 器 は, 日常生活 に お い て 広 く 使用 さ れ て い る. 多 く の 家電 機器, 複 雑 な 電子 機器, イ ン バ ー タ ユ ニ ッ ト の 電源 ユ ニ ッ ト は, 要求 さ れ る 電 圧 を 供給 し, 自律 型 電源 を 供給 す るめ に 広 く 使用 使用 使用 さ い い る る る。。 例 、 、 電源 ッ ッ 使用 で る 電 電 電 電 電 製 (((
  5.医学、エネルギー、軍事、科学、および産業における最も高価で需要が高いのは、正弦波の純粋な形の出力交流電圧を有する変換器である。 この形式は、信号に対する感度を高めた機器や機器の操作に適しています。 これらには、測定および医療機器、電気ポンプ、ガスボイラーおよび冷蔵庫、すなわち電気モーターを含む機器が含まれる。 機器の寿命を延ばすためにコンバータがしばしば必要となります。

利点と欠点

電圧コンバータの利点は次のとおりです。

1. 入 力 お よ び 出力 電流 制 御 を 提供 す る. こ れ ら の デ バ イ ス は, AC を DC に 変 換 し, DC 電 圧 分配器 お よ び 変 圧 器 と し て 機能 し ま す. し た が っ て, 彼 ら は し ば し ば 生産 と 日常生活 の 中 で 見 つ け る こ と がき ま す。
  2.最新の電圧変換器の設計には、出力電圧の調整の実装を含む、異なる入力電圧と出力電圧の間で切り替える機能があります。 これにより、特定のデバイスまたは接続された負荷の電圧コンバータを選択することができます。
  3.家庭用電圧変換器のコンパクトさと容易さ、例えば自動車用変換器。 彼らは小型であり、多くのスペースを取らない。
  4.経済。 電圧変換器の効率は90%に達し、エネルギーを大幅に節約します。
  5.利便性と普遍性。 コンバーターを使用すると、電気器具をすばやく簡単に接続できます。
  電圧の上昇等により遠距離に電気を送る能力
  重要なノードの信頼性の高い運用を保証する:セキュリティシステム、照明、ポンプ、加熱ボイラー、科学および軍事機器など。

電圧コンバータの欠点は次のとおりです。

1.Voschimchivost 高 湿度 の 電 圧 変 換 器 器 ト 器 ラ ン ス デ ュ ー サ を く 除 く 、 特 に 水 輸送 の 作業 ま す。。。
  彼らはいくらかスペースを取る。
  3.比較的高い価格。

最初 に 測定 ト ラ ン ス デ ュ ー サ を 整流 す る こ と を 検 討 し て み ま し ょ う. 彼 ら は, そ の 平均 値 の 出力 値 を 表 し, ピ ー ク (振幅) に 比例 す る こ と が で き る, ま た は srednevypryamlennomu 入 力量 の rms 値 を 脈 流 に整流 換 し 、 交流 電流 電流 の 整流 整流 検 出) 出 た め に 意 図 図 さ れ て い ま ま す。 こ れ に 応 ま 体 体 体 は 次 の の よ う に 分類 さ れ ま タ 自 体 体 次 体圧 圧 U の パ ラ メ ー タx〜, これは検出器回路の出力電圧に対応する。 ー ク 値 の 変 変 換 器 、 rms の 変 換 器 お よ び 中び 整流 さ れ た 電 圧 値 値 、エントリのスキームによると: DC 電 圧 の オ ー プ ン お よ び び ク ロ ー ズ ド 入 力 を 備 え た コ ン バ ー タ; 変換特性によって:  線形および二次変換器である。

ピーク値コンバータ 出力 た 圧 a max 圧 n min min n n n n n n n n n n n max max max max max max max max maxと が で き ま す。

コ ン バ ー タ ピ ー ク 電 圧 値 の 動作 原理 は, (抵抗 R に よ っ て) 放電 時 定 数 の コ ン デ ン サ C が 充電 時 定 数 よ り も は る か に 大 き い 場合, 次 に, 記憶 さ れ て い る 最大 (ピ ー ク) 値 UX, に コ ン デ ン サ の ダ イ オ ー ドVC は 介 し て 充電 さ さ れ ま す。。 極性 は 、 コ ン プ プ ラ イ ア ン ス ダ ダ イ オ ー ド V 出力 電 圧 ま た は UX = Un) 脈動 よ び 可能 脈動 X UX = 平滑 鎖 RF 、 CF を 決定 し ま す。 検 出 出 器 が 開放 入 力 を 有 す U max (x x x は 、 U U U max (x x U U U U max ((max x U U U U max max ( min) x 対 対 応 す る。。 入 力 が 閉 閉 じ ら れ る と 、 x x (((((x x x x ((定 定 〜 〜 〜 定。 〜 で な い 場合 図 、 ま な い 場合 、 図 ま な い 場合 、 図 図 な な いU x = U m に 対 応 す る。 場合 に に よ っ て は 、 全 波 二 二 重 電 圧 検 出 器 を 使用 し て 電 圧 振幅 の 大 る

図2.1ピーク電圧コンバータの回路図:

a) - 開放 さ れ た 入 り 口; b) め ら れ た 入 り 口 で。

圧 ピ ー ククし て 最 良 の 周波 数 特性 で す。

RMS 平均 2 乗 変 換 器 U 2 cc に 比例 し た 交流電 交流電 圧 か ら 直流 直流 電 圧 へ へ へ の の 変 器 で す。 こ こ 場合 の の 変 特性 け 、 次 ら ず 、 定 定オープン入力の検出器が必要です。

ms の 変 換 器 器 は 、 非 正弦波 形式 形式 の 変 変 電 圧 の の 効 値 を 一定 電 圧 に 変 換 す る こ と を 可能 に す る。 こ れ は 、
U 2 、 非 正弦波 電 圧 の 実 効 値 で で あ り 、 U k は 高調 波 成分 の 実 効 値 で あ る。

例 え ば, 直角 電流 - 電 圧 特性 (VAC) を 有 す る コ ン バ ー タ の 非 線形 素 子 と し て, 半導体 ダ イ オ ー ド の 電流 - 電 圧 特性 の 初期 区間 を 用 い る こ と が で き る. し か し な が ら, こ の セ ク シ ョ ン は 非常 に 小 さ い 範 囲 で あ り, 半導体 デ バ イ ス は こ の特性 の セ ク シ ョ ン に お い て 広 範 囲 の パ ラ メ ー タ を 有 す る. し た が っ て, そ の よ う な コ ン バ ー タ は, ダ イ オ ー ド チ ェ ー ン に 基 づ い て 構築 さ れ る. こ の よ う な 連鎖 は, 放 物 線 の 区分 線形 近似 の 結果 と し て IV 特性 を 得 る こ と を 可能 に す る図 図 2.2 に 、 ダ イ オ ー ド チ ェ ー ー ン を 備 え た 2 次 コ ン バ ー タ の 回路 図 を 示 し ま す。

入 in れ れ れ れ れ れ は は 、 、 は は; ... R14 抵抗 よ び 負荷 抵抗 R15 か ら な る 回路 に 作用 す る。 ロ ー パ ス フ ィ ル タ に よ る 負荷 時 の 電 圧 降下
z1 周波 数 が イ ン バ ー タ の 出力 出力 に 印 加 さ れ ま す。

図2.2コンバータのブロック図

イ オ ー ド ・ チ ェ ー ン に に 基 づ ms rms 値。

出力電圧は、ダイオード回路の電流の平均値に比例します。 ダイオードチェーンは放物線の電圧 - 電流特性に近い値を持っています。 したがって、出力電圧の平均値は入力電圧の実効値の2乗に比例します。

直角 電流 - 電 圧 特性 は は ど の よ う に に 働働れ た 電源 電 圧 に 接 続 さ れ れ て い ま す。 <U 2 <... <U 6. Until the input voltage U of the circuit reaches U 1, all the diodes are closed and the initial part of the IVC is a straight line with a slope depending on the resistances of the resistors R1, R2 and R15. When the voltage U exceeds the voltage U 1, the diode V3 opens and in parallel R2 a divider R3, R4 is connected. The slope of the IVC in the area from U 1 to U 2 increases, the current in the circuit will become i i = i o + i 1. When the condition is fulfilled, U> U 2 の 場合 電流 = ii = io + i 1 + i 2を 選 択 す る る 増 加 と 共 に に 増 加 し ま す。。 従 っ て 、 二次 特性 特性 は 、 連 合成 さ オ の 最初 の セ セ 特性 特性 の 最初 の る 特性 特性 の 最初 の

コ ン バ ー タ 電流 K 「V の 変 換 係数 = I / U 2 、 こ こ で 、 I - 、 イ ン バ ー タ の 出力 に お け る 平均 電流 、 U - RMS 入 力 電 圧。

現代の装置では、主に熱電対の変換器と同様に、熱電対を備えた二次検出器が使用される。 このような変換器は、1つ以上の熱電対とヒーターとの組み合わせである。 それらの主な欠点は、変換関数の二次的性質です。 この欠点は、図2.3に示すように、2つ(またはそれ以上)の熱電対を含む差動回路を適用することで解消されます。

対 対 TA 1 測定 電 圧 U X〜TA 1 の 出力 電 圧 U 1 = K T U 2 CK に 適用 す る 場合。

熱 変 換 器 TP1 1 、 、、

し た が っ て 、 UPT の 入 力 に お い て 、 合成 電 圧

U 1 -U 2 = k T (U 2 ck - 逸 脱 2 3) 、 (2.1)

対応する

U 3 = k UPT ← T ← U (U 2 ck - 逸 脱 覚 2 3)。 (2.2 2.2

回路のパラメータが

k UPT ← ← → ← ← ← U (3 2.3)

t
 に 、 最終 的 に U 3U ck 、 す な わ ち 変 換 関 数 は 均

図2.3コンバータのブロック図

実効電圧

中間整流器U sv に 比例 す る 直流 の 交流電 圧 の 変 換 器 で あ る こ の よ う な コ ン バ ー タ の 電流 -. 電 圧 特性 は, 入 力 電 圧 範 囲 内 の 直線 部分 を 持 た な け れ ば な り ま せ ん こ の よ う な コ ン バ ー タ の 一例 は, ロ ー パ ス.フ ィ 、 の の ブ ブ ブ リ リ リ リ す す す す す す す す す す す す す す すの 半 ー ー ー ー ー ー ー ー - - - - - - - - - - - - - - - - - ダ イ オ ー ド V3 - ブ リ ッ ジ ジ の ダ ダ ダ ダ イ ダ 2 2 2 端 端 端 2

電流の方向は、これらのダイオードの導通方向に対応する。 実際のダイオードの特性は、変換条件によって要求されるように厳密に線形のセクションを有さない。 入力電圧の正の値を持つダイオードを流れる電流


, (2.5)

V こ で 、 R v (U) 開放 ダ イ オ オ ー ド 抵抗 で あ り り 、 印 加 電 圧 に 依存 し 、 は は 負荷 抵抗 で あ る。

特性の最初の部分は2次に近い。 したがって、誤差は小さくなりますが、ダイオード特性は直線に近いほど誤差が大きくなります。


図2.4コンバータのブロック図

電圧の平均整流値。

EX 器 R EXT R と 直列 直列 の ブ ッ ジ) ダ ダ あ 抵抗 電流 電流 電流 電流 電流 V 電流 電流 電流 電流 電流。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 z

この場合


. (2.6)

Ext 方向 電流 の 電 圧 依存性 は は 線形 に 近 く な な り ま す。 R ext の 包含 に よ る る 感 度 の は き が さ 導入 すす

図 2.4b に 示 す 回路 は, ダ イ オ ー ド V3 お よ び V4 の 代 わ り に 抵抗 R1 お よ び R2 が 含 ま れ て い る 点 で 前 の 回路 と は 異 な る. 電 圧 の 正 の 半 サ イ ク ル に お い て, 電流 は ダ イ オ ー ド V1 お よ び 抵抗 R1 を 通 って 流 ル 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗 抵抗

考慮するスキームの変換式は、次のように表すことができます。

ム の ス キ ー ム (図 2.4a)

U o = K v cv U c =
R v1 = R v2 = R v3 = R v4 = R v (2.7)

R \ u003e \ u003e R v の 場合 、 U = U s;

回路 (図 2.4 b) で は 、

U o = K v cv U c =
R v1 = R v2 = R v で あ る。 R1 = R2 = R 、 (2.8)

R \ u003e \ u003e R v な ら ば 、 U = U sv。

変換誤差は、ダイオードの電流 - 電圧特性の非線形性と整流器ブリッジを流れるダイオード電流の抵抗に直接影響によって主に引き起こされます。

れ は 、 し か か し し 出出圧 計 に は 、 、 通常 整流 整流 整流 整流 整流 整流

コンバータ  いくつかのパラメータの電気を変換したり、パラメータや品質インジケータの他の値で電気に変換する電気装置です。 電気エネルギーのパラメータは、電流および電圧のタイプ、それらの周波数、位相数、電圧位相とすることができる。

制御可能性の程度によって、電気エネルギー変換器は、制御不能と制御可能とに分けられる。 制御コンバータでは、出力変数:電圧、電流、周波数 - を調整することができます。

基本ベースに基づいて、電気変換器は、電気機械(回転)  と半導体(静的)。 電気機械の使用に基づいて電気機械変換器が実現され、現在、電気駆動装置では比較的まれな用途が見出されている。 半導体コンバータは、ダイオード、サイリスタおよびトランジスタであり得る。

変 換 電力 変 換 換 器 の 性質 に よ よ っ て 整流器 、 イ ン ン ー タ タ 、 周波 数 変 換 換 器 、 電 さ 位相 の 可 変 コ コ す 位相 のの

現代の自動電気駆動装置では、主として半導体サイリスタ、および直接および交流のトランジスタ変換器。

半導体変換器の利点は、豊富な機能は、動作中の電力変換プロセス、高い性能と効率、長寿命、利便性とメンテナンスの容易さを制御する保護、シグナリング、診断及び電気駆動の両方のテスト、およびプロセス装置の実装のための機会です。

同時に、特定の不完全性も半導体変換器に特有のものである。 これらには、変化の過電流、電圧及び速度に半導体装置の高感度、低ノイズ耐性、正弦波電流および電圧の歪みを。

整流器は、交流の電圧を一定(整流された)電流の電圧に変換するコンバータである。

無制限整流器

  負荷に電圧調整を提供せず、一方的な導電性を有する制御されていない半導体デバイス上で実行される。

マネージド整流器  制御されたダイオード - サイリスタで実行され、適切な制御のために出力電圧を調整することができます。

制御整流器

整流器は非可逆的かつ可逆的であり得る。 リバーシブル整流器を使用すると、負荷の整流電圧の極性を変えることができます。可逆整流器では不可能です。 整流器は入力交流入力電圧の相数で単相整流器と三相整流器に分けられ、電源部方式によりブリッジ整流器と零終端整流器に分かれている。

DC 電 圧 か ら AC 電 圧 へ の コ ン バ ー タ が 呼 び 出 さ れ ま す. こ れ ら の コ ン バ ー タ は, 交流 ネ ッ ト ワ ー ク か ら の 電 気 駆 動 を 供給 す る 場合 は 周波 数 変 換 器 の 一部 と し て, ま た は 定 電 圧 源 に よ っ て 駆 動 さ れ る 場合 は 独立 し た コ ン バ ー タし て 使用 さ れ ま す。

電気駆動の方式では、サイリスタまたはトランジスタで実現される自律型電圧および電流インバータが最も多く使用された。

電源 イ ン バ ー タ (AIN)  出力電圧が負荷電流に依存するため、負荷電流が変化すると出力電圧は実質的に変化しません。 したがって、電圧インバータは負荷に対して負荷のように振舞う。

型 電流 イ ン バ バ タ (AIT)  「ソフト」外部特性を有し、電流源の特性を有する。 したがって、電流インバータは、負荷に対して電流源として動作する。

周波数変換器(インバータ) 調整 可能 な 周波 数 の AC 電 圧 の 標準 周波 数 お よ び 電 圧 の AC 電 圧 変 換 器 と 呼 ば れ る. 半導体 周波 数 変 換 器 は, 直接 結合 を 有 す る 周波 数 変 換 器 と, 中間 DC リ ン ク を 有 す る 周波 数 変 換 器 の 2 つ の グ ル ー プ に 分 け ら れ る.

直接 結合 の の こ 器 こ こ こ こ 換 換 換 、 こ こ こ 制 制 制 制 制 こ 制 制 制し て お ら ず 、 電 気 駆 駆 動 に お い て よ り 広 く 使用 さ れ て い る。

電気駆動制御用産業用周波数変換器

AC 電 圧 レ ギ ュ レ ー タ 同 じ 周波 数 の 調整 さ れ た AC 電 圧 の 標準 周波 数 お よ び 電 圧 の AC 電 圧 変 換 器 と 呼 ば れ る. そ れ ら は, 単 相 お よ び 三相 で あ り, そ れ ら の 電力 部分 で, 一般 に, 単 一 動作 サ イ リ ス タ を 使用 す る こ と が で き る.

DC 電 圧 レ ギ ュ レ ー タ  定電流源の無調整電圧の変換器を負荷上の調整可能な電圧に変換する。 このようなコンバータでは、パルスモードで動作するパワー半導体制御キーが使用され、電源電圧の変調によって電圧制御が行われる。

電圧パルスの持続時間が一定の頻度で変化する最大の分布が得られている。

悲 し い か な, 私 た ち の 家庭 に お け る 停電 は 伝 統 に な り ま す. 子 供 は キ ャ ン ド ル で レ ッ ス ン を し な く て は い け ま せ ん か? そ れ と も, テ レ ビ で 面 白 い 映 画 を 見 て, そ れ は 見 て い る だ ろ う. あ な た が 車バ ッ テ リ ー ー を 持 っ て て い い る な ら ば 、 、 こ こ は 修正 可能 で で す す そ

図 1 お よ び 図 2 は よ ラ ラ の つ つ の の。。 の の の の ... ... ... ... ... tの 電 圧 の 1 つ の 半 サ イ ク ル で は, ト ラ ン ジ ス タ VT1 お よ び VT4 が 開 い て い る. バ ッ テ リ GB1 か ら の 電流 は, ト ラ ン ジ ス タ VT1, ト ラ ン ス T1 の 一次 巻 線 (ス キ ー ム に 従 っ て 左 か ら 右 へ) お よ び ト ラ ン ジ ス タ VT4 を 流 れ る. 後 半 期間オ ー プ ン ト ラ ン ジ ス タ VT2 と VT3 に, 電池 GB1 VT3 か ら の 電流 が ト ラ ン ジ ス タ TV1 変 圧 器 (図 を 横切 っ て 左 か ら 右 に) 一次 巻 線 と ト ラ ン ジ ス タ VT2 を 通過 し ま す. 結果 と し て, ト ラ ン ス 巻 線 の 電流 は, TV1変 数 な り 、 ア キ ュ ム レ ー ー v 12 voptovogo 係数 K = 12 の 220 = 18.3 使用 す る 場合 、 二次 巻 線 電 圧 は 、 6 上昇 し ま す。

50 ヘ ル ツ の 周波 数 を 有 す る パ ル ス 発 生 器 は ト ラ ン ジ ス タ ロ ジ ッ ク チ ッ プ に 基 づ く こ と が で き, 他 の 要素 の ベ ー ス 図 1 は, パ ル ス 発 生 器 積分 タ イ マ ー KR1006VI1 (DA1 チ ッ プ) を 示 し て い ま す. DA1 の 出力 か ら, 50Hz のパ ル ス は, ト ラ ン ジ ス タ VT7, VT8 上 の 2 つ の イ ン バ ー タ を 通過 す る VT6 電流 増 幅 器 を 介 し て VT1, VT4 の カ ッ プ ル の た め に -. こ れ ら の パ ル ス の 最初 か ら VT2, VT3, 第二 の カ ッ プ ル の た め VT5 電流 増 幅 器介 し て 配 信 さ さ れ ま す。。 高 電流 伝 達 率 率 は は ー パ パ ー ベ ベ ー タ 」VT4 プ ト ラ ン ジ ス ス タ は 、 電流 電流 ア ン プ VT5 、 VT6 置 く こ と が で き な い 場合

図 れ 、 、 タ タ タ タ タ タ タ タ タ タ タ タタ ラ ン ジ ス タ VT1 お よ び VT2 の ベ ー ス は 、 図 1 の パ ル ス 発 生 器 回路 の お お よ に お 接 続 続 れ て て い る。

コンバータの動作時間は、バッテリの容量と負荷電力によって決まります。 バッテリの放電が80%(鉛蓄電池が許容される)に許可されている場合、コンバータの動作時間の式は次のようになります。

T (h) = (0,7WU) / P こ こ で 、 W- バ ッ テ リ 容量 、 Ah; U - バ ッ テ リ の 公 称 電 圧 、 V; P は 負荷 電力 W で あ る。 こ の 式 式 で は 、 コ ン バ ー タ の 効率 も 考慮 さ れ 、 0.85 ... 0.9 な り ま す。




動作 し て 、 例 例 え え 動作 動作 動作 中 動作 、 40W で ラ ン ン レ 電力 の 負荷 で V 12 V ... 12 時間 で す。

1 圧 器 T1 の デ ー タ は は 、 最大 負荷 が 40W が 最大 、 W 150W の 2 で れ ま す。

表 中 、 S は 磁 気 回路 の の 断 面積 、 W1 、 W2 - 次 お び 二次 巻 線 の 巻 数。 D1 、 D2

既 製 の 電源 ト ラ ン ス を 使用 す る こ と が で き ま す が, 主 巻 線 に は 触 れ な い で く だ さ い が, 一次 巻 線 に は パ ッ チ を 当 て て く だ さ い. こ の 場合, 巻 線 後, ネ ッ ト ワ ー ク 巻 線 を ネ ッ ト ワ ー ク に 挿入 して 、 一次 巻 線 の 電 圧 が 12 V で あ る こ と を 確認 す る 必要 が あ り ま す。

図 2 KT819A の 回路 で は 、 図 1 ま た は VT1 、 VT2 の 回路 に パ ワ ー ト ラ ン ジ ス タ VT1 ...



Related news

News not found

DCAC DCAC image, picture, imagery


DCAC DCAC 31


DCAC DCAC 81


DCAC DCAC 80


DCAC DCAC 38


DCAC DCAC 48